初めての妊娠はすべてが謎!つわりも様々で参考にならない?

こんにちは、32歳で初産を迎える妊婦です。初めての妊娠出産はすべてが謎…人に意見を聴いても人の身体それぞれで「自分の時には全然当てはまらなかった」という方も多いようです。

必要なものを買いそろえるにも、本やパンフレットで確認すると、あれもこれも必要と書いてあって、「本当にこれ全部必要なの?何から買えば?」とパニックになってしまう方もおられるでしょう。実際私はそうでした。

子育てを終えたお母さんに意見を聞くと「あれは使わなかった、要らなかった」と無駄なものをたくさん買ってしまった、という意見も多いものです。

このブログでは、「あれもこれも」ではなくて「これがあればとりあえず何とかなる」というような妊婦グッズや赤ちゃん用品の紹介をしていきます。

また、私が行ったことで「必須ではないけど、こんなものもあるよ」というのも、時々挟みながら紹介していけたら、と思います。

人の妊娠や出産は人それぞれですが、少しでも初めての妊婦さんの参考になれば嬉しいです。

妊婦の体質についての噂…自分の母親の体質が一番参考になる

食に関する「つわり」一つでも、色々な症状の方がおられます。「食べ物のニオイさえも全然受け付けず、料理もできなかった、体重もかなり減った、かなり吐いた」という方や、「特定の物しか食べられずにそればかり食べた」という方…

その一方で「つわりは全然無かった、何でも食べられた」という方や「常に何かを食べていないと、お腹が空くと気持ち悪くなった」という食べづわりになった方など様々です。

このような、つわりが軽いか重いかということは、実際に自分が妊娠してみないとわかりません。しかし、よく聴かれることは「自分の体質と自分の母親の体質は似る」という噂です。

実際のところ、私の母はつわりは軽い方で、ご飯の炊けるにおいだけがだめだったようです。私もつわりは軽い方でした。

主に「肉団子や餃子などミンチ状の肉」や「おかず」が気持ち悪くてあまり食べられない、という状態でしたので、つわりの間は、ご飯やパン麺類など炭水化物ばかり食べていました。

なので、今から妊娠しようとしている方は、自分の母親に「つわりはどんな風だったか?お産は時間がかかったか?」など聴いてみると、自分の時の参考になるかもしれません。

つわりの他に、お産に関しても人それぞれです。本によっては、初めてのお産は予定日よりも早まる、または遅くなる、どちらも書いてあるものがあります。

実際、私の周りでも「早く産まれた」または「3、4日遅くなった」という方がそれぞれにいらっしゃいますし、産まれるまでの時間も「初産でもあっという間に産まれた」という方もいらっしゃいます。

それぞれが人の体質によるもので、一人目と二人目の時はまた全然違った、という方もおられるのです。いずれにしても大事なことは、赤ちゃんがお腹にいる間は、お母さんはリラックスして安全に過ごしていただくことだと思います。

こわい、抱きにくい!首の座らない赤ちゃんに必須のおくるみ

生後すぐの赤ちゃんは首がすわっていないことから、身体が柔らかく、抱き上げるのがたいへんです。そのような場合におくるみがあると、とても役に立ちます。

「妊婦用パンツ」「妊婦用衣類」は無くても何とかなる

妊婦用ショーツや妊婦用の普段着など衣類は絶対なくては過ごせないというわけではなく、普段の衣類でも十分代用できる場合があります。授乳服についても、わざわざ用意しなくても大丈夫です。

あれっ、赤ちゃんってどうやって洗うの?必ず要る!沐浴用品

赤ちゃんが産まれるまでに、沐浴用品は必ず必要です。しかし沐浴用品は家庭内にあるものなどでも代用できる場合が多いので、買う前に一度確認してみましょう。とくに必要なのは、沐浴剤とベビーローションです。

絶対入院に必要!産褥ショーツって?

産褥ショーツは、出産後の悪露が出る時期には必ず役に立つアイテムなので、入院準備をする際にはできるだけ買いそろえておきましょう。帝王切開をした場合にも傷に優しいです。